TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:企業の財務計画プロセスとは

財務計画プロセス|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:企業の財務計画プロセスとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:企業の財務計画プロセスとは
弊社のホームページにお越しいただきありがとうございます。
Jedox社のブログがアップされましたので、一部ご紹介致します。

自社の支払能力をご存知ですか。財務のボトルネックの対応策は?事業の将来性の決め手は?
こちらのような質問に対するご回答:強固な財務計画に記載されています。

2020年に私たちは必需品を備蓄しました。予想外な危機が始まり、世界的な不確実性が刻一刻と蓄積されました。
結果、在庫としてトイレットペーパー、パスタ、その他生活用品を不安な将来に対する自己防衛のために抱えることにしました。

企業にとっては、お金が防衛対策です。企業は、常に支払能力があることにより請求を支払い、余裕があった際には
投資し、赤字になれば費用削減に努めます。一方で支払能力があることを、どのように確認しますか?収入と費用を
理解するために強固な財務計画が必要です。Jedoxは、こちらのブログに企業の財務計画プロセスについて、ご案内いたします。

・財務計画プロセスで検討すること、
・避けるべき点、
・競合他社を超えるパフォーマンス


財務計画プロセスとは?

財務計画プロセスとは、企業の計画の基盤であり、重要な事業管理ツールです。将来の財務意思決定の基礎となります。
財務計画プロセスは、全財務データを記録・評価。自社が効率よく運用されている判断基準です。アセスメントが
プラスの場合、財務計画は、投資家に自社の事業は収益性の高い投資という説得力があります。

企業の設立者は財務計画を検討する一方で、財務計画が事業の初期段階の役割を超えるものと認識しています。
財務計画プロセスが正しく実装されていれば、計画上に流動資産が、いつでも、表示されます。そのため、
自社の事業の財務体質が健全、それとも、対策が必要か、わかります。財務計画プロセスは将来への投資
とは、思いませんか?もしかしたら、長期的に自社の事業が成功されるための、投資の一つかもしれません。
自社の財務計画は将来の意思決定を、現状のパフォーマンスを照らしながら、左右します。継続的に
企業目標と実績を比較し、必要に応じて計画を調整できます。

財務計画の目標は?

財務計画の目標は、今あるリソースを、主に財務リソースを戦略的に活用することです。財務計画を
活用しながら、必要な現金、財務費用の抑制、積極的な意思決定を正確な計画に基づき行います。

自社の税務計画の重要性とは?

個別の目的より企業の財務計画に関わるタスクが成り立ちます。いつでも必要な流動性を確認し、提供されている
流動性を認識することです。そのため、俯瞰で数字、収入や支出、期日を確認することも重要です。
強固な財務計画は自社のパフォーマンスの透明性と将来の計画の正確性を確実なものにします。

そして、現金が数日、数週間以内、数か月以内に必要な金額と現在のリソースとのバランスがわかります。
計画と実績を比較し、計画を管理ツールとして活用します。もしも、5~10%の乖離が発生した場合、
対策します。例えば、当初計画よりも費用が多かった場合、あるいは、余裕がある場合、
投資を検討するきっかけになります。

財務計画プロセスは企業全体の計画プロセスに組み込まれるべきです。統合された財務計画は、
長期的な事業パフォーマンスを支援する最先端な計画を支援します。


企業の財務計画の種類

企業の財務計画は、運用と戦略の計画の違い、短期と長期の計画の違いがあります。

時間軸は、計画の目標によります。次に、財務計画の時間軸についてご案内します。

財務計画プロセスにおいて選択するべき時間軸とは?

それぞれの目標を達成します。

運用計画(オペレーション計画)は最高1年のため、短期として取り扱います。不足および余剰在庫
は明確です。企業パフォーマンスと計画に求める内容により、日ごと、週ごと、月ごととして区切ります。
もしも自社の計画に対する変動制が高い場合、先ほど記載した区切りは価値あるものとなります。

戦術的な計画においては、2年から5年の期間は通常使われます。そして戦略的な計画は5年。長期的な資本、
また、長期的な資本要件の決定条件として使われます。一方で、資本構造の情報は長期計画では提供されないため、
理想の資金調達の意思決定の基礎にはなりません。

一般的には、詳細な計画を1年目に計画。2年目に四半期ごと、3年目異教は年間計画を更新。
企業の財務計画は3年から5年を網羅することとなります。

財務計画プロセスのステップとは?

企業の財務計画を検討する際に、複数の要素も検証します。こちらの要素は、自社の計画プロセスに
おいて最も重要です:
・営業計画
・資本要件計画
・投資企画
・流動性計画

営業計画とは?

営業計画は企業の財務計画において重要です。通常2年から5年間とし、銀行がローンを
決定するためのサポートとなります。もしも過去のデータがある場合、営業計画に反映し、
キャパシティの限界、業界により、季節要因も含めます。ほとんどの情報が見積もりとなりますが
数週間、数か月、数年かけて自社の営業が予想を上回っているか、逸れてしまっているか、
オープンになります。

資本要件計画とは?

資本要件は企業の財務計画においてのサブです。ここ数年以内に自社に求められる
資本要件を決定するものです。資本要件はスタートアップ費用(設立当初)、固定資産、在庫。
赤字になりうる可能性も計画に含めます。資本要件計画を財務計画の補足として、資本要件
をどの財務リソースで補うか等。ほとんどの場合、資本金と借入金です。

投資計画とは?

計画する投資は個別の事業モデルによります。例えばフリーランスの場合、基本設備としては最小限の投資
で、レストランを開店するに比べると、かかりません。しかしながら、スタートアップの段階では、投資計画は
拡大するための投資を記録し、将来的に数年後必要となる情報かもしれません。将来投資をしたい時期のために
資金があるように。

流動性計画とは?

流動性計画はその他すべてのサブです。こちらの計画に含まれるのは他の計画に影響する項目のバランス
を左右する要素です。例えば、税金の還付、前払い、還付、借入等。目的は企業のソルベンシーを確立するためです。
将来の資本要件は流動性計画にかかっています。そのため、こちらの計画が最も重要です。流動性計画は、6ヶ月
~12か月、可能なら過去2年の分析も含めます。

全てのサブ計画はお互いの計画を補い、交差します。正確性は重要です。エラーは全ての計画に対して
ドミノ倒しのようになります。その他の財務計画に対するサブは、予算にもとづく損益計算書、貸借対照表、収益表、
費用一覧表、利益計算と貢献利益計算。自社で必要なサブを決定します。

財務計画における5つのメリットとは?

1.緊急対応:理想は緊急は、ないことです。何故なら、自社の財務計画には前もってボトルネックとなりこと、
そして対応策が検討されているからです。
2.対応時間の短縮:想定していない事象が発生した場合、速やかに会社全体を把握し、乖離を認識したうえで
対応できます。
3.安定した計画、長期を含め:正確な財務パフォーマンスは長期的な事業パフォーマンスを確立します。
4.明確な戦略と目標:自社の財務計画を認識し、短期・長期ともに、作り上げていくことが出来ます。
5.企業の透明性:自社の立ち位置を理解し、投資家により安全性を提供します。

財務計画における6つの間違え

1.営業計画が非現実的
最大の落とし穴は、売上は継続的に上昇し、は、傾向としてありえません。大体キャパシティの限界に
直面し、正確な計画は問題が発生する前に発見できます。もしも営業計画で間違えてしまった場合、
流動性計画に影響します。悲観的な計算は必要ないですが、現実的な営業計画があることいいかもしれません。

2.税金を含めてない
税込み、正味価格、所得税を計画に含め、価格を間違えないように。正味価格は、損益計算書、
税込みは流動性計画で重要です。
その他の税金は、事業により必要です:法人税、所得税、予定納税額:全て企業の財務計画に含めます。

3.支払いの目標が未達成
よく起こることです:お客様が1-2か月支払いが遅延。「問題ない、結果支払われた」と思うかもしれません。
遅延は流動性計画に影響し、支払い条件に拘束されるため、もしかしたら支払うことが出来ないかもしれません。
支払いを必ず明確にし、計算に含めてください。資本要件に影響します。

4.賃金、付随的な賃金を含めないこと
創設者は賃金を自分のポケットマネーから支払うことになり、大企業ほど、
創設者と取締役は従業員です。財務計画を作成する際に、全ての賃金と付属的な賃金は、
検討しなければなりません。正確な計画結果が得られません。

5.資本要件は過小評価される
通常、資本要件は過小評価となる理由は修繕費は検討されず、売上は楽観的に計算されます。
両方の場合、予想している以上の資本が必要となり、最悪、倒産に至る場合もあります。資本条件を
注視することが正しい企業財務計画となります。

スプレッドシートの依存

こちらのエラーも過小評価されています。Excelは最も活用される財務計画で正しく活用されれば最も効果的です。
一方で、だからこそ、一番の課題ともなります。全体的な財務計画プロセスの一部の計画は、とても複雑です。
複数のスプレッドシートを複数の部署と人から収集することはエラーとカオスを引き起こします。一つのスプレッドシートの1つの計算ミス、1つの誤った数式、
間違ったまた削除されたリファレンスの値、全て結果が歪みます。そして、不正解なデータに基づく意思決定は、
会社の将来にマイナスな影響を与えるリスクとなります。そのため、なるべく計画はシンプルかつ正確に。スプレッドシートのみに頼ること、
マニュアルで全値を確認することは、貴重な時間とリソースを犠牲にします。結果、正解がわからないだけです。
最先端の事業計画を支援する別の方法はあります。

1つの真実を与える最先端のソリューションを活用し計画を実装し、正確な計画、貴重な時間をより戦略的な意思決定を
得ることができます。Jedoxは企業の財務計画プロセスのワークフローを自動化し、継続して慣れているExcelの環境で
作業出来ます。各部署がそれぞれのスプレッドシートを提出するのではなく、1つのデータベース、同じデータで
連携することは可能です。データを無くすことを防ぎ、エラーを軽減、単体のスプレッドシートを調整する作業を終了させることができます。
変化の影響を計画に対して秒単位、日ごと、週ごとではなく、細かく実感します。

Jedoxのプラットフォームを使って、全体的な企業の財務計画プロセスの時間を削減し、より良いインサイトとより良い決断を
得ることが出来ます。

企業の財務計画プロセスに関する5つの質問

1.現金および現金同等物の額をご存知ですか?月単位で認識することで十分ですが、週ごとまた日ごと、自社の
支払能力を確認出来ることは重要です、
2.自社の投資計画は?追加の資金で個別の部署、プロジェクトの拡張、もしくは成長拡大のためなどは?
3.設備の置き換え、機材、など発生しますか?需要計画はいかがですか?
4.このした要因は、十分な資産はありますか?
5.もしも、資本がショートした際の対応策は?

結論

世界的なパンデミックが収束をしたとしても、不安は残ります。私たちは、不安定に慣れてしまい、生活必需品
を備蓄することはしませんは、企業規模関わらず、ビジネス上の不安は同じです。ここからどこに向かいますか。
2年後、5年後、10年後?長期の事業の成功は最先端の統合計画によります。企業の財務計画は必要な透明性と
正確性を自社に与え、柔軟性とレジリエンスが維持できるようにします。

ぜひ、Jedoxをご覧ください。お問い合わせはこちらです。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。