TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:2022.1

2022.1|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:2022.1

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:2022.1
弊社のホームページにお越しいただきありがとうございます。
Jedox社のブログがアップされましたので、一部ご紹介致します。

Jedox2022.1 はモデル開発とコラボレーションを加速させます

2022.1版Jedoxエンタープライズパフォーマンス管理(EPM)のプラットフォームは貴社の
財務改革を支援します。予算編成プロセスによる労力と工数を軽減します:新しいソリューションを
展開、より包括的なモデルを開発、事業部門間の情報交換。

今回のリリースはモデル上、レポート内の可視化と内容の向上、ノーコードの選択肢により
組織全般に関連するコンテンツの共有が可能となりました。貴社のFP&Aを拡大するのか、
xp&Aの取り組みを多くのステークホルダーと共有するため、また、単純に経営のスピードアップの
、アドホックレポーティングを営業部門で実現することか、2022.1は貴社の事業目標を
実現する効率的なツールです。

2022.1版はエンタープライズ全般の予算編成とオペレーションに向けたソリューション構築を単純化


以下のように経営層のニーズに応えることが出来ます:
1.足跡機能により、関連したコンテキストの理解を同僚と共有
2.「ワークブックイベントアクション」はノーコード、セルフサービス型でレポートの開封時に関連した、更新されたデータを作成
また、インテグレータにより、例えば、レポートをクローズさせる際にJedoxキューブ間のデータを移動。このような結果を得るために技術部門に
カスタムコードを依頼する必要はありません。
3.ダイナミックリストレーベルは、より正確かつ関連したコンテキストを予算編成時にハードコード化された値を管理する必要はありません。
ダイナミックラベルが特定の言語を反映(例えば、営業計画「2022年2月実績」は、バージョン、年、月はユーザーが選択したコンテキスト
によりダイナミック化されます)。

バーチャル・ディメンジョンはXP&A、FP&Aの取り組むを支援します

バーチャルディメンジョンとは、ディメンジョンの属性をバーチャルディメンジョンを「Jedoxビュー」としてJedoxモデラーをワンクリックで実装。

2022.1の例:一部遠隔組織の人員計画

人事部と共にxP&Aの取り組みの一部として、グローバルな人員計画をコラボレーションすること。売上予測を基礎とした各グローバル拠点別、
従業員別の予測をご覧いただけます。例えば従業員の属性として「完全リモート」、「一部リモート」「リモート無し」でご覧いただき、給与への影響、製品別のCAPEX費用まで分析出来ます。Jedoxモデラーで各属性をバーチャルディメンジョンとしてマーキング、その次元が使われている
Jedoxキューブで即利用可能、ドラッグ&ドロップによるセルフサービス型分析が可能です。

今回の2022.1版では:
1.従業員別のタイプ別コンビ(「完全リモート」、「一部リモート」「リモート無し」)を合算機能により、ビューで値を同時に複数選択します。
2.キューブ上でバーチャルディメンジョンが実装された場合、加算メジャーを通じ、製品の平均費用を特定。
3.従業員の属性をプランニング・アシスタントで活用
4.バーチャルディメンジョンのサブセットを含めデータフィルターを基礎に分析を改善

ぜひ、Jedoxをご覧ください。お問い合わせはこちらです。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。