TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス):プロジェクト管理で発生する7つの共通の間違えと回避する方法

プロジェクト・マネジメント|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス):プロジェクト管理で発生する7つの共通の間違えと回避する方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス):プロジェクト管理で発生する7つの共通の間違えと回避する方法
弊社のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。なかの人です。
このたびの令和2年7月豪雨により、被害に遭われた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

Jedox社の予算におけるブログを一部掲載いたします。

結論:

ジェドックスのダイアモンドパートナーであるスマートPMソリューションズがJedoxのホームページに
ブログを掲載しました。

・データに基づく信頼性の高い決断は一つの真実から
プロジェクト管理のソリューションは、貴社のビジネス計画にシームレスに統合され拡張を可能に
する最高レベルの柔軟性が備わっていること
・プロジェクトやポートフォリオを継続的に監視すること、一定の期間のみではなく
・標準的な事前定義した条件をプロジェクトに関わる決定に活用
・既に確立された分析、例トレンド分析のマイルストーンやシナリオのシミュレーションからメリットを得る、学ぶ
・全てのプロジェクトとポートフォリオの全体像を1つのグラフに表現
・関係者全員がアクセス可能な一つのシステムでコミュニケーションを行う
・学習、テンプレートシステムの活用。。。。そして7つの間違えとは:

1.一つの真実が不明

たくさんのファイルでプロジェクト・マネジメントを行っているため、全社から全ての情報を収集、連結する間に
エラーも発生し、経営決断をするための情報として信頼性の低いものとなります。解決策は統合ソリューション。例えば購買、調達、人事、
とキャパシティープランニングデータを統合されている場合、管理職は最新かつ正確なデータに基づき正しい決定が出来ます。
最先端のソフトウェアでプロジェクトマネジメントを達成するために情報のサイロ化を防ぎ、拡張モジュールにより統合エンタープライズ
ソリューションを実現。一つの真実、SSOT。を。全員に。

2.条件やガイドラインが不明か明確に定義されていない

プロジェクトの軸となる情報が定義されていれば、納品までのコーポレートレベルの目標、予算、リソース、スケジュールも含まれ、個々のプロジェクト管理に
戦略的重要性が高まります。

3.プロジェクト上の優先順位が立てられない、ポートフォリオに配分されてない

複数のプロジェクトをいくつもで動かしている場合、柔軟性のあるカスタマイズ可能なスコア・システムをつけ、プロジェクトの優先順位をたてる方法があります。
(元の記事にスクリーンショット)

4.厳格な期限でプロジェクトの進捗と成功を評価

プロジェクトの一定期間をモニター・評価することによりプロジェクトの成功を定義する方法もありますが、早い段階で想定できないことが発生した際に
調整が必要です。プロジェクト・マネジメントとして、まずはプロジェクトのパイプライン、コスト、必要なリソース、リスクが継続的に監視され、
包括的な概要が全てのプロジェクトとポートフォリオにおいて提供されていること、ドリルダウン、アドホック分析、マイルストーンのトレンド分析、達成額分析、
そして、what-ifシミュレーションが意思決定には重要です。いつでも、プロジェクトのステータスを確認できるようにしましょう。

5.リソースのボトルネックを効果的に対応することが出来ない

マネジメント・ツールは、リソースのアロケーションは組織の企業戦略とプロジェクトの必要性に一致しています。適しているツールは、将来のプロジェクト、例えば
2年後、において必要なスキルとリソースも反映しています。そちらの情報により、今後の社内トレーニングや採用計画、外部リソースの検討等に活かすことが出来ます。
最適なソリューションにより保留中のボトルネックとリソースの競合ボトルネックを察知し、自動的に社内のあらゆる業務のコーディネーションを実現し、例えば必要になる製造機器、
調達すべき製品、を適している関係各所に配布することが可能です。

6.ステークホルダーへのコミュニケーション不足

マイクロソフトチームス等のコミュニケーションツールを使いプロジェクトの関係者が会議を開催するのが主流です。コミュニケーションツールを含めた
プロジェクトマネジメントソリューションに統合することは、タスクが明確になり、期日を追跡し、同じ人が同じデータで話すことになります。ただし、
ボタン一つで、手軽に、つねにプロジェクトの標準化されたステータスレポートがアクセス出来ることが、事前準備の手間を省くべきです。

7.提供されたテンプレートを使用しない:同じ間違えが発生

最先端のプロジェクト・マネジメントツールは、標準化された、明確なプロジェクト管理がされセキュアなアクセスを全員に提供します。一つの
システムにプロジェクトで学んだこと、活用され評価されたテンプレートがあれば今後も効率的にプロジェクトを進めるうえ、発生するエラーを削減出来ます。プロジェクトのコスト管理
機能がついている場合は、予算に対して実績の乖離を検証し今後のプロジェクトに活かすことが出来ます。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。