TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:「S&OP」とは

S&OP|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:「S&OP」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:「S&OP」とは
弊社のホームページにお越しいただきありがとうございます。
Jedox社のブログがアップされましたので、一部ご紹介致します。

「S&OP」とは

「セールスアンドオペレーションプランニングとは本質的には統合された事業計画の方法ですが「統合された事業計画」
のほうがより総合的かつ包括的と言われています。

「S&OP」は営業計画と事業計画が組織の全てのその他の機能に合わせます。その逆もしかりです。営業と
オペレーションの計画は統合計画を総称として営業計画から生産計画、在庫計画そしてそれ以上の計画を組織により
含めます。一部の方々は営業計画と分析(FP&A)はS&OPの一部ではないと指摘し、一方で組織に計画の統一性の重要性を
指摘します。指摘の中に統合計画とS&OPが交わるポイントが存在します。

営業とオペレーション計画が統合されたプロセスとしてビジネスリーダーの資源配分に関わる決断に重要なインサイトを
組織を通し提供します。特にグローバル化の世界において生産工場は数か国にまたがり、継続性のある集約されたデータ基盤
が正確な営業とオペレーションの計画にとっては鍵となります。

S&OPの起源

ウォルターゴダール氏、リチャードリング氏が「SO&P」という言葉を作り1988年の本「Orchestrating Success: Improve Control of the Business with Sales and Operations Planning.」に紹介しました。以降、コンセプトは本人、他の人により展開され以下5つのステップで一般化
されました:
  1. データ収集と準備
  2. 需要計画
  3. 供給企画
  4. 需要と供給のバランス調整のための連結計画
  5. 経営層による計画の承認
上記で記載したように、一部の方々はFP&Aはプロセスに含まれるべき、という意見もあります。サプライチェーンマネージメント
やサプライチェーンプランニングは営業とオペレーションの計画のプロセスにおいて一般的によく使われます。

当初は生産計画は、S&OPの一部に存在し、こちらはリング氏の個人ウェビサイトに紹介されています。

S&OPのプロセス

どの計画プロセスにも一つキーとなる条件があります:データです。データは、構造化され継続性があり、高品質でなければなりません。
つまり、中途半端なデータやや極端な値が存在してはいけないため、最初のステップは、データのアクセスすることと準備すること。
そして厳密に統合された段階によりパフォーマンスを測ります。データの準備が完了した後に需要計画があり、プランナーは
つねに営業の実績と営業フォーキャストと計画を比較。マーケティングと一致させるため、需要創出に繋がるマーケティング計画
に同期されます。

次に供給計画において、需要への対応策が提供されますが、こちらを実現するには、生産の実績と計画が常に比較されます。
定格容量と従業員の能力が重要な役割を担うことになり、そのため、予測していない生産停止による供給不足に対処するための
プロトコルが用意されます。

次に、供給と需要の計画が全ての地域において連結され、バランス調整され、同期されます。目的は、計画の前後の段階を
確認し合算します。こちらのステップでFP&Aがプロセスの一部として関わります。

最後に、継続したサイクルの中で、エグゼクティブS&OP、実績と計画が合算されたレベルで再度比較され、例外の計画も
たてられます。こちらの段階で可能性のある課題は議論され排除されます。計画サイクルの頻度は業界や生産される製品に
より、週別、月別、四半期別とさまざまです。

S&OPのスケールは幅広く異なり、国レベル、地域レベル(EMEAなど)、グローバルレベル。範囲が広いほど
連結プロセスは複雑です。グローバルな営業とオペレーションの計画で短いサイクルの場合、計画プラットフォームは不可欠です。

S&OPで正確性を強化しコラボレーションを実現

営業とオペレーションの計画は複雑なプロセスであり、計画サイクルは一般的に長くはなく短いです。データの準備から開始され
ほとんどの会社はデータウェアハウスを活用し営業計画と予測から需要と供給計画までの継続性を実現しているため、
プランニング・ソフトウェアは大きなメリットをもたらします。

ほとんどの組織はプランニングソフトウェアを既に使っていますが、バラバラになったシステムを使うことによりサイロ化されたデータ
つまり継続性のないデータという課題を持っています。プラットフォームソリューションとして統合データベースを一つの真実として
持っている場合、計画は統合され、継続性があり、コラボレーションにより強化されます。結果、高品質なデータと計画の正確性
が確保されます。

サービスのためのプラットフォーム(PaaS)をS&OPのために

  • データの収集、準備、連結、合算は速やかに実装され正確性が増します。複数のエクセルスプレッドシートやバラバラの
    システム環境と比較すると。
  • データの継続性と品質は一つのSSOTにより確保され組織全体に最新の情報が提供されることにより、より良い
    コラボレーションが実現します。
  • 実績と予測が比較され計画が速やかで予測は簡単に調整可能
  • 財務と営業計画は独立されたツールが貴社のERPよりシームレスに連結されライトバック機能が全てが円滑に
    進むように担保します
  • シナリオが簡単に、1つの変数モデルにより、起動させることが出来るうえ、素材における価格変動、
    需要の変化と競争力のある価格設定のフォーキャストから計画できます。

ぜひ、Jedoxをご覧ください。お問い合わせはこちらです。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。