TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:データのサイロ化とは?問題は?

サイロ化|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:データのサイロ化とは?問題は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:データのサイロ化とは?問題は?
弊社のホームページにお越しいただきありがとうございます。
Jedox社のブログがアップされましたので、ご紹介致します。

こちらのブログでは、データのサイロ化について語ります。どのように発生し、組織に与える課題。
サイロ化対する解決策、そして長期でみた際の解決策の重要性について。

サイロ(silos)とは、保存されたデータが組織全般に提供されていない状況を指し、一部の部署、チーム、数名の従業員にのみ公開されているため社内で「サイロ化」されています。データウェハウスのアプローチとは異なります。

先ず、最初に戻って一緒に考えてみませんか?サイロ化は悪ではございません。いろいろな形、サイズ、素材で出来たものです。セキュアかつ継続性のあるコンテナにありとあらゆる種類の製品を保管出来ます。農村部では、大きく、丸いタワーは視覚的に魅力的で通常はやその他の素材を保管していました。ただし、世界で一番高い麦のサイロは中心地に存在しています:スイスのチューリッヒには、118メートルの高さのタワーに60,000トンの麦が加工される前の状態で一時的に保管されています。大事なポイントは、サイロは周りの環境から密閉されています。

データのサイロは似ていますが、違います。一般的な穀物と違い、サイロ化されたデータソースとは、データが蓄積されていくたびに意図せず作成され、また、組織の一個人やグループが作成してそのまま時間と共に増幅されます。これは、問題となり、特に、いくつものサイロが作成される場合です。最終的には、こちらのような運用方法は、ストレージ容量に
急激な増加を加え、同時に、社内で他に誰一人活用できなデータを作り上げます。こちらは、課題と認識しており、
一般的には、時間と共に好ましくない状況になります。何故なら、貴重な情報、例えば、売上、人事、サプライチェーンに関するデータが含まっているからです。

 どこでどのようにデータサイロは作成されるか


先ず、貴社からご覧いただきましょう。貴方の業務がどの部門、機能であれ:あなたの仕事からデータは毎日生成されます。これはExcelのスプレッドシートに含まれる数値や数式、ワードドキュメントに含まれるテキスト、またパワーポイントのプレゼンテーションのスライドに含まれる情報です。一般的に知られているマイクロソフト・オフィス・スイートは、多数の部署やチームで別のツールで自動的にデータが生成されています:例えば組織のタスク、マーケティング活動、営業の顧客関係管理、生産のエンタープライズリソースプランニング。

それでわ、あなたの日常業務に関わるデータは、どちらに保存されていますか?誰がどのデータを保存していて、
何が共有されて、どのような形式で?誰がデータのメンテナンスや共有を担当されていますか?どのように
共有されていますか:準備、頻度、スコープ、自動化、それとも手動?

もしかしたら、お気づきになられたかもしれません。貴社が思う以上にデータのサイロ化は速やかに発生し、一般的
なことです。一方で、そんなに問題でしょうか?もしも、そうでしたら、なぜでしょうか?

 

データのサイロ化が問題の理由


もしかしたら貴社は年間か半期ごとの予算作成プロセスにおいてご経験されています:Excelのスプレッドシート
が前後に行ったり来たりして、最終的には財務部に送信され、今度は財務部が手動で調べて(ふるいにかけて)、
検証して、合算します。これは、とてもつもなく時間がかかり、複数の修正ループのやり取りが発生し、貴社が思うほど
低い正確率でエラーが発生しやすいプロセスにおいて行われます。

DX時代において、データは常に、どこでも、蓄積されています:自動的に、そして、誰も気づかず。こちらは、
財務データに限らず、運用のデータの場合が多く、事業のパフォーマンスにおいて貴重なインサイトが得られ
る情報で、本来は組織においては、最新で継続性があって中心的に提供出来るものです。

ほとんどのシステムは、例えば、顧客管理システム(CRM)や企業資源管理(ERP)は自動のデータ・エキスポート
機能が提供されています。もしも、このようなケースではない場合は、サードパーティが
データ統合に対するインターフェイスのソリューションを提供している場合があります。そのため、
データのサイロ化は細分化され、最低限、タッピングされます。

それだけ?解決しましたか?いや、まだです。新しいデータのサイロ化が確実に作成されていない状況を
作り出すには、凶器の問題が認識され、チャンスとメリットが社内で作り出されないとなりません。
それでわ、検討事項についてお話します。


データのサイロ化を解決するサスティナブルな解決策とは


もし上記でご説明したように、データのサイロ化は意図的ではなく、そしてそのデータは出番が無い状態に。
データの処理と保管を別々に取り扱うようになっている決定事項としてあるかもしれません。例えば、
既存のソリューションで従業員やチームの条件を満たさず、そのため、機能が欠けていたり
運用する上で直感的ではない。端的に、拒否された:理由は関係なく。

理由は特定され、協議され、削除されないとなりません。何故なら、関係者・ステークホルダーのニーズが注意深く
検討され、統一されたデータロジックとSSOT(信頼できる唯一の情報源)、が組織全般・チームとチームのタスクに
提供されるメリットを理解することが大いに役立ちます。
そのため、全てのステークホルダーを統一ソリューションから中心的なデータ管理の計画プロセスに含める
ことがキーです。

財務データ・非財務データを運用データから情報を抽出するために、そして、組織全般に
付加価値と最適化を明かにするため、サイロは分解しなければなりません。
関係性のあるデータを一緒にすることにより、最適化の機会がより発見され、
適切な判断を支援するインサイトが提供されます。


ぜひ、Jedoxをご覧ください。お問い合わせはこちらです。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。