TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:ローリングフォーキャスト:継続するパフォーマンス管理の基本的な概念とは

ローリングフォーキャスト|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:ローリングフォーキャスト:継続するパフォーマンス管理の基本的な概念とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:ローリングフォーキャスト:継続するパフォーマンス管理の基本的な概念とは
弊社のホームページにお越しいただきありがとうございます。
Jedox社のブログがアップされましたので、ご紹介致します。

1.ローリングフォーキャストとは


ローリングフォーキャストとは、予測の一つです。既存のデータを活用し、年間を通した
事業パフォーマンスを予測します。こちらのプロセスでは、新しい予測は特定の期間、定期的に、
継続的に、準備されます。主に財務で活用されますが、営業やその他の機能にも有効です。

1.1 フォーキャストの全体像

フォーキャストは「財務と営業の主要ツール」です。一般的には、中規模から大規模企業向けです。
複数の事業部や支店がネットワークで連携されている場合、一定のレベルの複雑性を維持するのは
1つの課題です。フォーキャストの目的は、計画の最初の段階で予想される偏差を特定することにより
早期に対応出来ます。例えば、予算を調整すること。

いつ、どのように予測を行うか、どのデータを使うか、は組織によります。共通点が、特定の業界や
市場で発見できるかもしれません。フォーキャストは、定期的にも不規則に作成することは可能です、
つまり、「アドホック」に。フォーキャストは予測のツールではなく、オペレーションと戦略のゴールを
達成させるための必要な変化を示すものです。

上記目標を達成するために、「フォーキャストは複数の部署で作成出来ます」。例えば、営業予測と
財務予測は、基礎となる値が異なります。計画した値は予測した値、実績と比較するベースとなります。

予測自体、複数の種類のデータを含めることが出来ます。特定の影響するドライバー、例えば価格や数量は、
非財務データとして取り扱います。例えば、新しい競合の市場インパクト、気候、等。一般的には、
一方で、フォーキャストのためのデータセットは適格に管理しやすく維持します。維持するために
関わる費用や労力を軽減させ、同時に、貴社のツールを最適化するためです。

全てのフォーキャストは、特定の期間のために作成されます。期間は、業種や、現状また
市場の変動制によります。

1.2 ローリングフォーキャストを財務のツールとして

ローリングフォーキャストは、会計年度において、定期的に活用されます。会計年度においての予測、予算作成、
その他の計画また年間の予測を完全に差し替えるものにもなります。ローリングフォーキャストは、「インターバル」の
定義はどのフォーキャストを作成し、レビューを行うこととなります。世界標準のインターバルというものが無いため、
各社に合ったインターバルを決める必要があります。

こちらの図は、12ヶ月の予測範囲において四半期ごとのインターバルを示しています。ただし、週ごと、月ごとも
同様に可能ですー予測範囲にも同じことが適用されます。例えて言いますと、前進する「ロール」のサイズは
常に同じです。何故なら、各インターバルごとに新しいフォーキャストが最後に、既存の12か月の
フォーキャストに追加されます。つまり、既存の12か月の予測は延長されます。

「強調してお伝えしたいことは」予測がより正確になるということです。予測のインターバルの範囲が
広いほど、インターバルが頻繁に発生してしまい、時間がかかり、正確性に欠けます。私たちは財務のツールとして
予測を理解しているため、信頼性の低いことは、非効率的です。

ローリングフォーキャストは、管理ツール、マネジメントツールとして便利です。理由は年間計画と異なり、
同じ時間軸、例えば12か月、を既存の会計年度に関わらず、つねに、その範囲で見ます。従来の計画のように
期末を向かう度に、数か月や1か月分の予測の値しか残ってない、という問題が発生しません。そして、
予測の値が意思決定するために最新のもので「使えるもの」となります。貴社にとってより良いインサイト、
最高な決断をする支援をします。

2.ローリングフォーキャストの是非

新しいデータや要因をを定期的に検討することにより、計画から乖離を速やかに発見し、適切な処置を講じます。
ローリングフォーキャストの導入により、既存の会計年度に継続的に計画を補足、調整することにより将来
を見れます。こちらのアプローチは、事業計画の最大限の価値を引き出すことは、継続的なプロセスによる、
ということになります。

2つ要因があります:
1.金融資本がグローバル化と国際化により「市場の変動がますます不安定」。計画はプロセスという理解が無く
固定されたタスクとして1年に1度行うことは十分ではありません。
2.「具体的な計画は最新であるほど価値が高いものなります」。そして、新しいファクターを必要に応じて
取り込めます。こちらのアプローチにより、価値の与えない計画、現実離れの計画になることを防ぎます。

それでわ、ローリングフォーキャストは良いツールでしょうか?

まだ複数の点について、検討しましょう。ローリングフォーキャストは年間の予測を差し替えることは可能ですが
現実は、既存のパフォーマンス管理ツールの補足となります。原因の一つは、従来の習慣により計画は会計年度をベースに作成されます。つまり、企業は、年間の財務諸表に集中しなければなりません。

もしもローリングフォーキャストを活用中なら、追加の仕事として、スコープを気を付けてモニタリングしなければなりません。
そのため、あまり詳細の情報を取り込まなく、最も重要なKPIだけをローリングフォーキャストに取り込みます。インターバルと
範囲は注意深く計画することにより、無駄な仕事を省き、予測を正確に維持できます。

2.1 ローリングフォーキャストが見出す意味

市場の変動は増幅しています。従来、変動の高いセクターは予測不可能でしたが、安定性の高い
セクターはもっと変動し、不規則かつ不安定です。このような環境下で固定された計画を管理することは
重要です。ローリングフォーキャストは課題管理、より明確、よりフォーカス出来る非常に使い勝手のいいツール
にもなります。

目安:市場の変動が激しい業界においてはローリングフォーキャストは作成、確認、調整のインターバルは
短いほうが良いです。反対に、市場の変動が低い場合は、インターバルが長くて十分です。

もしも、予実分析おいて、貴社、また、部署の乖離が大きい場合、ローリングフォーキャストを導入し
理解を含め、乖離を管理する手法になるかもしれません。

3. 特殊なソリューションを使うことを推奨する理由とは

上記で記載したように、ローリングフォーキャストは既存のフォーキャストを差し替えることはありません。
既存のアプローチに補足するものとなります。つまり忙しい財務部門にとっては業務が追加されます。特に
エクセルのみで作業している場合は特に。

継続性のあるパフォーマンス管理を導入したい場合、特殊なソリューションを活用することを推奨します。
タイムリーな予測が手元にあることは、重要です。一方で、結果を出すための行動がとれないならすべて無駄です。
プロセスを自動化し統合することにより必要な行動に繋がる分析と提案を生み出すにはアジャイルなアプローチが最適です。

 

ぜひ、Jedoxをご覧ください。お問い合わせはこちらです。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。