TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:Jedox2021.3: バーチャル・ディメンジョンでデータモデルの複雑性を解消しセルフサービス型分析を促進することとは

バーチャル・ディメンジョン|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:Jedox2021.3: バーチャル・ディメンジョンでデータモデルの複雑性を解消しセルフサービス型分析を促進することとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:Jedox2021.3: バーチャル・ディメンジョンでデータモデルの複雑性を解消しセルフサービス型分析を促進することとは
弊社のホームページにお越しいただきありがとうございます。
Jedox社のブログがアップされましたので、一部ご紹介致します。

 

ビジネスドライバーを活用したプランニング、シグナリング、および予測

この度、2021.3バージョンでJedoxは要望が多かった新機能を発表します:バーチャル・ディメンジョン(仮想ディメンジョン)。バーチャル・ディメンジョンは、統合計画向けにJedoxのデータモデルを簡素化する大変革です。そして、強力なアドホック分析を実現します。エンドユーザー様が、いかに、速やかにより良い
意思決定を支援するかをご覧いただきます。

柔軟性の高いマルチディメンジョン型のデータモデルは、Jedoxでは「データキューブ」というものになりまして、
統合計画と分析のための莫大なデータを整理・可視化するには完璧です。
Jedoxのバーチャル・ディメンジョンは、エンドユーザーに、過去にはヒエラルキー形式で制限されていた
データを自由に分析出来るようにします。

モデルを構築する担当者は、ディメンジョンの属性をバーチャル・ディメンジョンとしてJedoxモデラーで
ワンクリックで活用出来ます。現在、Jedoxのエンドユーザーはデータをピボット、スライスし、バーチャル・ディメンジョンを使って値やコメントを入力出来ます。

例えば、貴社がある製品の売上を分析し、売上を色、価格、営業担当別という属性でご覧
になりたいとします。こちらの属性を「バーチャル・ディメンジョン」として。Jedoxモデラー上で印をつけます。
属性を扱っている①全てのキューブに速やかに反映されるうえ、②セルフサービス型分析のJedoxペーストビューのダイアログでドラッグアンドドロップ出来ます。

属性を「バーチャル・ディメンジョン」として取り扱う

30秒の動画:

Jedoxはバックグラウンドでディメンジョンを自動的に管理し、もしも、属性の値が変更された場合、リアルタイムでディメンジョンが更新されます。バーチャル・ディメンジョンはモデルを構築する担当者にとって、柔軟性のあるデータモデルをデザインするこを加速させるものです。キューブの構造とレポーティングを簡素化するため、並列階層やカスタムレポートを維持する必要がなくなりました。

Jedoxのエンドユーザーは、より良い決定を速やかなインサイトで実現。バーチャル・ディメンジョンは必要な情報を必要なタイミングでアクセスの確保をします。


こちらが、今回のリリースのベータ版を使用されたお客様の意見です:
1.大変革です。キューブのクラスターを簡素化し、キューブ自体の数も減らし、簡素化されました。
2. 助かります。アドホック分析が意味のあるものかつ柔軟性のあるものです。
3.使いやすい。開発の時間短縮かつきれい、直接的なソリューション。


ぜひ、Jedoxをご覧ください。お問い合わせはこちらです。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。 QlikとJedoxで実現する予算管理ソリューションは、こちらです。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。