TOP > jedoxマーケティング > Jedox社 導入事例:財団においてイノベーションを推進し、経営判断力の向上を/Jedoxを採用しております!(Starlight Children Foundation Australia)

Starlight Children Foundation|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox社 導入事例:財団においてイノベーションを推進し、経営判断力の向上を/Jedoxを採用しております!(Starlight Children Foundation Australia)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox社 導入事例:財団においてイノベーションを推進し、経営判断力の向上を/Jedoxを採用しております!(Starlight Children Foundation Australia)
こちらは、Jedox社のグローバルの導入事例です。
弊社の製品ホームぺージにお越し頂き、ありがとうございます。

スターライト児童財団はオーストラリア国内で幅広く展開している非営利財団として、子供・若者に「幸せ」を運ぶ
活動をしています。ヘルスケアのプロフェッショナルの方々と30年以上協力をして、楽しさ、
嬉しさ、と笑いを慢性疾患に苦しんでいる子供と若者に届けています。当財団は、
難病で苦しんでいる子供たちに治療から休まる時間を提供できるように複数のプログラム
を提供しています。

  • お客様がJedoxをお使いの部署:財務とその他機能グループ(募金、プログラム、人と文化)
  • お客様が使用しているJedoxの機能:予算作成、予測、レポーティング
  • お客様のシステム環境:SAP、マイクロソフトDynamics
  • ユーザー数:50名以上
当財団はイノベーションに特化しています:スターライトは速やかに経営判断を可能にするために、
EPM(エンタープライズパフォーマンス管理)ソリューションに投資。全体的な機能性、
拡張性、パフォーマンスの観点からJedoxを選択しました。

イノベーションが経営判断を支援:

 

スターライトの主な目標は、経営判断プロセスを向上させることです。並行で、拡張性のある
ソリューションを活用しながら運用の効率性を向上させることも目標と掲げ、最先端の
計画・予算プロセスが重要な要件となりました。

先ず、財務改革の一環として、2年前に新たにFP&Aの役職を新設。財務を直接支援しつつ
財務機能を財務部門以外の方々のために構築。以前はExcelを使っていましたが、
より広範な機能の持つソリューションが必須となりました。

はじめに既存のレガシー方式の計画とレポーティングを複製することにより、ユーザーが
バラバラになっているデータと複雑なロールアップにより詳細とレポーティングの難しさに気づきました。

柔軟性のある、完全なレポーティング:

 

スターライトはJedoxの機能を最大限に活かす方法を求めていました。
「ソースシステム内のデータを追加、再構築」と、いうことになりました。
Jedoxクラウドを導入し、ビジネス分析、役員向けのレポーティング、計画、予算、予測業務の
支援に活用。現在、全てのレポーティングはJedoxで実装されます。コストセンターと
プログラムのマネージャーは、必要に応じてデータに柔軟にアクセスが出来るようになりました。
過去のシステムでは、出来なかったことです。

・SAPから財務データを連結し、計画の情報をロールベースでクラウドを通じアクセスし
・複雑なスプレッドシートを使わず、詳細な人員計画とプログラムのモデル化
・ここ数年の財務や募金状況の包括的な概要

財務はイノベーションの力、1つの真実
Jedoxが財務部門で定着したため、スターライトは、レポーティング業務が自動化されたことにより、
分析と付加価値を与える業務に集中できるようになります。よりスムーズな計画と
予算プロセスにより、役員は財務に15分だけ使うように、時間短縮を達成しました。

CFOはアドホック分析を必要に応じて行い、財務部門は収益と費用を年、月、プログラム、
病院施設、キャンペーン別にレポーティングできるようになりました。全ユーザーとアクセス権限
は、中心となるロケーションで速やかに管理され、自動更新により、以前のように
メール配信により更新の通知をしなくて済むようになりました。

財務部門の負荷が軽減されまshた。プログラム別、病院別の全体的な予算、費用
の配賦に1か月かかっていましたが、現在、自動的に実装されています:
・データ収集の時間が短縮:分析の時間が可能に
・予算、予測、決算プロセスのサイクルも短縮
・予測の正確性が向上
・マニュアル処理・連結による、エラーのリスク軽減
・オフラインのエクセルスプレッドシートに全面的に頼ることがなくなりました

スターライトは今後もプロセスの向上を目的として、例えば給与データをコストセンターの管理者
がレポーティングと予測を直接Jedoxで実装できるように。そして、収益に予測やローリングフォーキャスト
を統合された計画プロセスで管理することも目的とします。

Jedox社の上記に関するページ(英語)はこちら
Jedoxの製品ページ
ご質問等ございましたら、無料相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。