TOP > jedoxマーケティング > Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:S&OPセールスアンドオペレーションプランニング、 5つの S&OP の成熟度レベル:現在位置と次のレベルへ

S&OP|Qlik Sense QlikView Jedox |アグニコンサルティング

Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:S&OPセールスアンドオペレーションプランニング、 5つの S&OP の成熟度レベル:現在位置と次のレベルへ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jedox(ジェドックス): Jedox社のブログより:S&OPセールスアンドオペレーションプランニング、  5つの S&OP の成熟度レベル:現在位置と次のレベルへ
弊社のホームページにお越しいただきありがとうございます。
Jedox社のブログがアップされましたので、一部ご紹介致します。

スペシャリストであるスマートPMソリューションズ社が答えを持ち、解決策を提案します。
企業プロセスを改善、最適化するために、貴社の現状を評価する必要があります。こちらに
各成熟度レベルをご紹介し(図1)、どのステージが貴社の現状のS&OPの企業プロセスに応じた
レベルに一致しているものか、ぜひご検討いただきます。現状、貴社が該当するステージは関係なく、
改善するための提案により次のレベルに向かいます。2回目のブログ投稿では、いくつかの事例を元にどのようにソフトウェア
が導入されるか直接的に証明します。関連した分析や段階ごとの開発により最高の価値に基づくS&OP(セールスアンド
オペレーションプランニング)の5番目の成熟度のステージをお見せします。もしも、お待ちすることなく、先に調べたい
場合は、Jedox マーケットプレイスにあるベストプラクティスS&OPパフォーマンス管理のsmartPM.solutionsをご覧ください。


5つの成熟度モデル

ステージ1:共有されていないゴール

貴社は、S&OPのプランニング、分析およびレポーティングにExcel等のスプレッドシートで作業されていますか?
部署間の連携が最小限かつ連携は打ち合わせを開催しながらですか?共通のゴールはありませんか?
もしも、このような状況でしたら、ステージ1の成熟度モデルに位置づけされます。例えばスプレッドシートは更新
され、部署間に送受信され、ローカルドライブに保存されます。ListGC社の財務とコントローリングの
最高責任者のアラクス氏は「800~900行のExcelテーブルを使っています。
透明性、信頼性に欠けているためデータの受け入れも出来ません。もし、貴社に当てはまるようでしたら、
非常に負荷がかかっている証拠です。VBA、無制限の数式、同じデータの複数回の入力は過去のもです。
何故なら、smartPM.solutionsによる最先端のシステムに差し替えられたからです」 

成熟度モデルのステージ1の計画はほとんどの場合、目標においては、連携もなく、競合しているうえ
企業の成功を弱め、妨げます。例えば、生産がマーケティング活動に興味がなく、生産計画は
予測されている市場の需要と一致していません。このような課題を抱えながら、営業部門は
生産機能が制限されている中、営業成績を上げる責任があり、購買は原材料の節約と不足
に追われます。

ただ驚くことに会社はCOVID-19危機から以前の状況より良い状態で抜け出し、営業成績も
過去最高に達しています。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。理由は、数少ない会社は
このような「聞き」に事前準備をされ、トップに君臨しました。Excelでは、連携された部署とデータ、
シナリオの比較は達成できません。一方でこのようなものが一番重要で、好成績は会社に総体的な効果を
上げ:人事や生産能力、在庫、購買、営業およびマーケティング。包括的な調整と制御はプロフェッショナル、
統合プランニングシステムのみ可能で、全部門にデータをアクセスし、分析結果をリアルタイムに許可をします。
ローリングフォーキャスト、企業価値に与える要素分析、シナリオ分析は会社の成功(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー)
における経営判断をシミュレーションし、積極的な意思決定や円滑なプロセスに繋がります。

ステージ2:運用販売計画

供給と需要を一致させるためシンプルな運用計画を作成されていますか?ロジスティックス、在庫保管を含めサプライチェーン
を最適化するよう努力されていますか。予測を含めボリュームベースに基づく計画のために簡単なルーツを利用していますか。
関連した部署は個別に稼働されていますか?部署間の連携を目指している一方で効率的かつ目標に向けた連携を達成
するための課題に直面されていませんか。もしも、そうでしたら、ステージ2に位置づけれます。もしかしたら、プロセスが
対応する力であって先を見越す力ではないかもしれません。需要と供給が一致していないかもしれません。

必要なこと:全ての部署とデータソースに自動的に連携するこにより1つの真実にアクセスすることにより、データの信頼性が
100%になり、積極的な意思決定を実現します。総合的な会社のコントロールと企業目標は密室に関連する。
そして、オンラインの連携とコミュニケーションはシームレスに統合されます(例えばMSTeamsとPlanner)。イニシアティブの設定と
追跡は標準化され、簡単にプランニングシステムに導入されます。責任と役割に基づく明白な構造は連携を促進します。
戦略的な企業目標を達成するため追跡可能な方法を共に確認します。

ステージ3:需要と供給をエンドツーエンドのサプライチェーン上でバランスを維持させること

S&OP担当部門はプロセスを管理し、コントロール部門と密室に連携することにより、データを収集し
監視出来ますか?営業のネットワークは生産と連携できますか?既にプロフェッショナルなコントロールシステム。
例えば物資フローや数量ベースの計画を含めプロフェッショナルなコントローリングシステムを使っていますか?
もしも、そうでしたらステージ3で、大半からのスプレッドシートから離れているかと思います。一方で、
プロセスをもっと効率的、価値の向上を実現出来ます。包括的な企業管理のために、統合されたプランニングソリューション
からメリットを得る方法が、いくつか、ございます。
例えば、次のステージに進むことにより:自動的に統合されたS&OPシステム上で生産と需要の計画は、比較され乖離は
特定されます。以下の図はsmartPM.solutionsの「供給と需要のバランシング・ダッシュボード」で、上記のみ
強調されています。Jedoxのマーケットプレイスで提供されております。

どの乖離もイニシアティブを持って、積極的に対応出来ます。AIを活用し売上の軽減は予測されることにより防ぎます。
例えば、マーケティング活動によって。外部の影響要素は妥当性により予測に取り込むべきか判断します。そして、
推測された需要が高い場合、生産状況、在庫、スタッフレベルは、十分なリードタイムで事前に調整されます。
プロジェクトベースの企業を例に取り上げます。例えば、委託製造業者はプロジェクトを支援する、しないを
プロジェクト別の予算計算が簡単なため、納期が長く収益性の低いプロジェクトの優先順位を下げることも出来ます。
このような包括的かつ主に自動化された企業管理では、全ての企業部門が相互にネットワーク接続されている
必要があります。

全てのS&OPの責任者は、定期的な会議を受注レート、在庫回転率、機能コストのような
財務指数を基礎に開催することが必須となります。

皆様はガートナーS&OP成熟度モデルの上記の3つのステージのどちらの位置にいらっしゃいますか?
大半の企業は1~3に存在しています。企業の戦略的かつ運用の計画において、連携が欠けていることが
共通点となります。調査によりますと、4から5は統合されたプランニングソリューションにより達成可能です。

ステージ4:複数の部署、S&OP、マーケティング、営業、生産と財務は、既に連携

1つの真実にアクセス可能ですか。数量ベースのプランニングは財務観点を取り入れていますか。
意思決定をされる際に最終的な結果を意識されていますか?需要予測は数理的モデルで作成されいますか?
正式な会議は定期的に全員参加で開催されていますか?ステージ4に位置付けられます。経営層は戦略的な
企業目標を達成するための支援を行い、進捗を監視しています。需要ドリブンな戦略計画が核となり、お客様の
利益と共に稼働します。財務指標は顧客満足度、運転資金および全費用は計画を最適化するために
サポートします。

オンラインの連携とコミュニケーションの機能はS&OPのコントロールシステムに簡単に統合できます。役割とアクセス権限
そしてイニシアティブの追跡は企業戦略を現場に落とし込むことを可能にします。例えば、関連した基準に基づく
貢献差益分析と顧客セグメントは需要ミックスを最適化にします。市場開拓の計画において、新市場に的確な
製品を開発、販売します。AIにサポートされている予測により、複数の外部と内部要因も考慮し
市場開発に向けた的確な予測が可能となります。


ステージ5:連携された、一丸となった価値を与える企業

ある調査結果では、一度S&OPプロセスがステージ5モデルで導入された場合、予測は20%~50%正確、在庫費用は
10%~30%減少、生産時間の効率化は5%~15%、納品時間は5%~10%の改善を達成。

パフォーマンス分析をし、プロセスに対し常に評価と改善を行っていますか?常に学んだことをドキュメント化し、イニシアティブを
定期的に導入し自動的に追跡していますか?意思決定をする際に積極的な、シナリオに基づくアプローチを取り入れてますか?
S&OPのプランニングは包括的な企業計画に統合され常に改善されていますか?定期的な目的を主導とした会議を開催されいますか?

おめでとうございます!一番高いレベルのステージ5に位置づけられます。シームレスに連携されシステム上の変更は
速やかに明白です。プランニングは最新のデータに基づき、総合的なコントロールシステムにより
ローリングフォーキャストにが実装され最適化することにより、全てのユーザーはデータの更新に前向きに取り組みます。
最も効果的かつプロセスの最大限の満足度です。短時間で標準化されたレポートはシステムより
自動的に生成されます。全ての部署はシナリオについて分析をし、打ち合わせを重ね、貸借対照表、キャッシュフローおよび
損益計算書への影響を認識しながら結論を導き出しています。イニシアティブも同時にシミュレーションされています。自己学習のAIのアルゴリズムは核となるドライバーを特定し、ニューラルネットワーク構造の結果により正確さを増す予測を実現。意思決定の信頼性向上と積極的なマネージメントのイニシアティブが可能となります。

自社を成熟度モデルに位置づけるよのより、S&OPに対する認識度の前提ともなります。自社のポジションを認識し、
次のステップにパラメータに基づき進みます:活用するテクノロジー、連携するべきプロセスと会議、需要と供給の連携度合い。
smartPM.solutionsが支援するJedoxの市場優位性があるコーポレートパフォーマンス管理ソリューションの利用により、価値を重要視する包括的な企業管理が戦略的な成功を築き上げることについて次のブログでご紹介いたします。

ぜひ、Jedoxをご覧ください。お問い合わせはこちらです。

弊社のJedoxのページはこちらとなります。

もとのページはこちらです。読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。