TOP > Qlik > Qlik Cloud(クリッククラウド):クリッククラウドの用語集(business glossary)のスチュワード(steward)の役割とは その②(12分動画)

クリッククラウド|Qlik Sense QlikView Qlikクラウドデータ統合ソリューション|アグニコンサルティング

Qlik Cloud(クリッククラウド):クリッククラウドの用語集(business glossary)のスチュワード(steward)の役割とは その②(12分動画)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Qlik Cloud(クリッククラウド):クリッククラウドの用語集(business glossary)のスチュワード(steward)の役割とは その②(12分動画)

ご覧になっていただきありがとうございます。
クリッククラウド上の辞書のスチュワードの役割についてご案内いたします。
クリックビジネスグロッサリーはビジネスユーザーの観点からスチュワードの役割を付与できます。その①ではスチュワードの役割が
付与されていない場合、ユーザーの閲覧可能な状態についてご案内いたしました。
組織は、共通のビジネス言語が必須です。別々のグループが別々の定義を同じデータエレメントについて参照していたら、混乱を招き、意思決定が遅延し、データ活用を阻むことになります。ビジネスグロッサリーはデータと分析ユーザーに一つの簡単で参照可能な定義や説明を提供し、組織全般で
同じ定義を活用することを確保します。クリックのビジネスグロッサリーは、ただ定義と意味を超えた堅牢な一連の機能を提供。ユーザーは、ビジネスの背景に基づき分別し、言葉の関連性を定義、承認された定義が活用されていることを確保します。そしてグロッサリーは、アプリやデータセットに直結し、言葉の定義が現在のUIで簡単に確認できます。

画面に向かって右側のネジマーク(設定)をクリックして頂き⇒字幕⇒英語(自動生成)⇒自動翻訳 で日本語を選択してください。


Qlik さんのもとのページです:
https://youtu.be/qtpfbJm3J5U

データ統合のページはこちらから
Qlik Senseはじめての方向けのウェビナはこちらから
Qlik Senseのお試し版はこちらから
Qlik Senseにご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

















































  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お問い合わせ

無料相談・資料請求はこちらよりお問い合わせください。