1. Qlik アグニコンサルティング
  2. Qlik製品のご紹介
  3. Qlikクラウドデータ統合

QDI(Qlik データ統合)の概要と目的

企業内のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、社員のITリテラシーを高める為には社内のデータが誰でも好きな時に活用出来る「データの民主化」が不可欠になってきます。

QDI(Qlik Cloud Data Integration)製品を使えば、国内や海外、関連会社などの様々な拠点・システムに散在しているデータをAzureSynapseやAWS Redshift等のオープンなデータプラットフォームにリアルタイム統合することが出来ます。

「ダッシュボードだけでは、行動に繋がらない」「稼働中のシステムからデータがほぼリアルタイムで分析可能なデータに自動的に準備されていないと意味が無い」という課題を解決するソリューションです。


Source:Qlik

特にSAPを利用しているお客様の場合、データをリアルタイムにオープンプラットフォームに同期することは難しく、以下のような課題をお持ちのお客様の声をよくお聞きします。

1.SAPデータをもっと有効活用したい
 SAP内に溜まっているデータを有効活用したいが、 SAPでレポート等、新規開発を行うとコストがかる。また、データ保持形式やテーブル内容も理解するのが困難。

2.SAP内の必要なデータを外部システムに連携させて使いたい
 (例:外部予算管理システムや需要予測システムなどとデータ連携させたい。)スクラッチで連携する仕組みを構築しようとすると、コスト増になりがち。CSVファイルなどで連携する場合には、アドオンPGMを作る必要もある。

3.アドオンにも対応できる柔軟な仕組みが欲しい
 アドオン機能に手を加えると、付随するレポートやBIデータベースを直さなければならないが改修費用が高く構造が複雑な為、どこを直せばよいかわからない。

                            

SAPアクセラレーターパッケージ



アグニコンサルティングは最短2週間でご支援可能

BW用に用意されたSAP Extractorの機能を流用することで、SAPデータベースライセンス
無しで外部のオープンな環境にデータ連携することが出来ます(通常SAPのテーブルから直接データを抽出する場合、別途SAPデータベースライセンスが必要)。

弊社では、SAPアクセラレーターパッケージの評価をご支援させて頂いております。
最短2週間で評価環境の構築が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊社は創業当初からSAPビジネスに携わって来た会社という事も相まって、
SAP ERPシステムをご導入されてるお客様からお声をかけて頂く事が増えてきております。

チラシはご登録不要です。こちら

 

【カタログダウンロード】
2022年ガートナーマジッククアドラント
データ統合ツール

Qlik が、2022年 Gartner® データ統合ツールの Magic Quadrant™ で、7 年連続で評価された理由をご確認ください。
データ統合は、リアルタイムの分析に適したデータを提供することで新たな事象への対応を可能にし、貴社のビジネスに驚きの成果をもたらします。当社のパートナー企業、Qlik® が支援します。


この度、2022年 Gartner® データ統合ツールの Magic Quadrant™ で、当社のパートナー企業、Qlik が 7 年連続で評価されました。ぜひ、レポートをダウンロードして、データ統合市場の全容をご確認ください。